平成30年4月1日
加盟団体各位
神奈川県ハンドボール協会
    会 長  塩谷和雄
 平成30年度が始まりました。昨年度も1年間無事に運営できましたことに感謝いたします。
 さて、29年度を振り返ってみると、様々な場面で、日本の社会と同様に高齢化や社会状況の変化に伴う影響が見られます。審判を見てみると、A級資格保持者の高齢化、B級資格受験者の減少2名。また、クラブチームの中には、職場の都合で活動が困難になってきたチームもあるようです。県協会も創立から70年近くになります。ハンドボールの指導者も第3世代が中心となってゆく時代です。30代、40代の方々の奮起を期待したいと思います。また、法政大学第二高校が、春の選抜、インターハイ、国体と全国3冠を達成しました。県のスポーツ賞や読売スポーツ賞もいただきました。次年度以降も頑張っていただければと思います。
 30年度は、一般クラブチームの充実と小学生の強化普及を目標としていきたいと思います。一般では特にリージョナルのチームの増加をお願いします。国体に学生が単独チームで参加できるようになって随分たちますが、学生を破って国体に出場するクラブチームが出てくることを期待します。また、関東クラブ大会や関東社会人選手権大会に出場を目指すチームが増えることを期待したいと思います。また、小学生の強化は、中学、高校への強化ともつながっています。一貫指導体制の徹底と共に、頑張りたいと思っています。神奈川県ハンドボール協会としても、まだまだ不備な点や至らないことが多々あるかと思いますが、加盟チームあってのハンドボール協会です。気がついたことはどしどし伝えていただき、迅速に対応したいと思っています。協会運営にも積極的に参加して頂ければと思います。
 30年度には、神奈川県で、関東小学生大会が小田原で、関東高校選抜大会が川崎で行なわれる予定です。時期的に運営が難しい時期なので加盟チームの皆様のご支援ご協力をつよくお願いいたします。
 最後になりますが、開設15年目となりました「神奈川県協会ホームページ」では、平成30年度の本協会の「年間行事予定」「大会要項」等に加え、各大会の組合せ・日程・結果を掲載していきます。各チームにおかれましては、登録手続きや大会申し込み案内の確認および本県のハンドボールに関する情報センターとしてご活用頂きたいと思います。
 尚、不明な点がございましたら、県協会事務局までご連絡ください。